復職支援制度を上手に活用しよう!

看護師の資格を持っていながら医療現場で看護師として働いていない人の数はおよそ60万人から80万人といわれています。
看護師不足が問題になっている中、こうした潜在看護師の活用が今後の医療問題解決の糸口の一つです。

ブランクのある潜在看護師に現場復帰してもらうためには、復職するネックとなっている問題を解決する必要があります。
そのために、見直されているのが復職支援制度の活用です。
現役看護師の中には、子育てに集中するために職場を離れる人も多く、実際に退職して子育てをしている潜在看護師の数はとても多いです。
潜在看護師が復職しやすいよう、子育てをしながらでも安心して働けるような子育て支援制度として「フレックスタイム制」や「短時間勤務」を導入している病院が増えてきています。

また、日常の業務を行いながら教育訓練をするOJTや、業務外で行う教育訓練のOFF-JTも積極的に行われています。
やはりブランクがある看護師は、現役の頃に比べて技術や知識が落ちてしまっていることで復職しづらさを感じているケースも多いです。そのため、その不安を補うために知識や技術の教育提供を行う訓練が導入されています。
他にも、公的機関や民間機関が潜在看護師の復職希望者を対象にさまざまなセミナーを実施しています。
都道府県や市町村で実施しているもののほとんどは無料です。
中には、採血、注射、膀胱留置カテーテルといった技術を必要とする処置もこうしたセミナーで学ぶことができます。

看護師は慢性的な人手不足の状況にあるため、潜在看護師の復帰が強く求められています。復職を希望している人はブランクがあったとしても、こうした復職支援制度を十分に活用して脱潜在看護師の道に進むのも良いかもしれません。