潜在看護師が安心して復職するための手引き

仕事に復帰はしたいけれど、ブランクがあることや育児と仕事の両立ができるかなど、不安を感じている潜在看護師の人もいるのではないでしょうか。
まず、医療の現場は日々進化していることから、自分の看護知識やスキルで復職が可能かどうか心配な人は、最新の医療について勉強しておくと良いでしょう。

自分自身で本やインターネットを利用して勉強することも可能ですが、都道府県別にあるナースセンターでは復職を希望する人に対して復職支援研修や実習を行っています。
また、子育て中や定年退職した看護師が交流することができる交流カフェなどのイベントも実施しているため、上手に活用すると良いでしょう。
その他に、病院独自でも復職希望者向けに看護技術の体験なども含めた支援セミナーを実施していることもあります。
実際に復職を経験した看護師との座談会で心配に感じていることを相談したり、病院見学を行ったりなど、潜在看護師の復職をサポートする制度が多く存在します。

看護技術の不安だけでなく、育児の心配がある場合は勤務形態や勤務先を考えて無理が少ない環境を整えるようにしましょう。
子どもを預ける必要がある場合は、保育施設がある勤務先を探すのも方法のひとつでしょう。
また、ブランクが心配な潜在看護師には、地域の小規模なクリニックや決まった業務が多い健診センター、介護施設などが復職しやすいといわれています。
夜勤がなく、勤務時間や休日が決まっているなど、自分の生活スタイルに合わせた働き方を選ぶことが重要です。