現場復帰したい潜在看護師におすすめの支援制度

看護師の国家資格を持ちながら、医療現場から離れてしまった潜在看護師の数が増えることで、医療現場での人材不足問題が深刻化してきています。

こうした潜在看護師は、激務に疲れ果てて看護業界から離脱してしまったケースもありますが、結婚や出産をきっかけとして離職したあと、子育てが一段落したら復職したいと考えている人も少なくありません。

しかし、復職するには、現場で通用する医療スキルが必要です。医療技術は日進月歩で、長期間ブランクができた看護師にはついていけなくなるでしょう。医療現場で即戦力として働けないという意識が、潜在看護師を復職から遠ざけている一因でもあります。

復職希望の意思を持つ潜在看護師におすすめなのが、各医療機関や日本看護協会が実施している再教育支援や再就労支援です。

まず、現場復帰したいけどできない…という悩みを持つ潜在看護師なら誰でも気軽に電話で復職の相談ができます。

再教育支援では、最新の医療技術を学べる研修を開催し、現場で求められる医療スキルを身につけられるよう実習も実施されています。

研修内容は、夜勤を含め本格的な病棟勤務に就きたいと考える受講生と、それ以外の人とに分けられています。

実習先の医療機関を自分で選べるなど、潜在看護師の便宜を図る工夫も凝らされており、多忙な子育て中の潜在看護師であっても受講しやすいでしょう。

再就労支援では、医療機関が積極的に潜在看護師を採用するほか、日本看護協会が潜在看護師に就労先を紹介するなど、再教育支援を受けた潜在看護師が復職できるようサポート体制も整えられています。